セミリタイアマンの豊かな生活
BIG TOMORROW2011年12月号に掲載されました・・・・サラリーマンからセミリタイアマンへの生活を書いていきます。セミリタイアしアパート収入の専業大家です。戸数40数戸、家賃収入2000万超。人生でお金以外の大切なものを求めながら、満室経営を目指しています。

なぜ 金利が上がるのに 金融機関を変えてしまったのか・・・・

どうもセミリタイアマンです

いつもありがとうございます。。。ぺこり。。。

応援ポチをお願いします。押していただけると今の順位がわかります。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

先だって 昔のお客様の話

の件を 書きました。



その中で 金利が逆に上がってしまった!!!ということを

書いたと思うのですが



なぜ 金利が上がるのに 金融機関を変えてしまったのか・・・・

ということについて ちょっと書いてみたいと思います。



会話形式・・・・・・・・・・・・


・・・・・3、4年前にさかのぼる・・・・・



銀行「こんにちは。●●銀行です。

××さん あそこにアパートをお持ちですよね。」

「あれって どちらの金融機関ですか?」


客「○○銀行や!」


銀行「ひょっとして 変動金利じゃありませんか?

   今の ご時世 金利がすごく安い時期ですけど

    これからどうなると 思います?」

   「勝手な個人的見解ですけど もうこれ以上 金利って下がらないと

   思うんです。だから この時期に 少し金利が上がっても

   固定にすべきだと 思うんです。」


  「昔のバブルの時みたいに 8%とかになったら

   それこそ大変ですからね。」

  「当行の融資も一度 ご検討ください・・・・」



この程度の営業トークがなされたんだと 想像がつきます。



ただ 結果 実際は 苦しくなったのは オーナーさんだけ・・・・

世の中の金利も まだ ぜんぜん上がっていない・・・・



先のことは わかりませんから

もし 金利が ハイパーインフレでめっちゃ上がっていたら

あーーーーーーよかった!!!!ってことになりますし

今回みたいに まったく 金利が上がらずに 逆に家賃を

さげられるようなデフレ行為をされた場合

返済ができず競売ってことも ありうるのです。



本当に経営の判断って難しい・・・・・



正直 世が世なら 正しい判断だったのかもしれません。



ただ 私自身は一部 固定金利だったものを変動にし

逆の動きをしてきました。5年固定などの金利を選択する場合に

しても以前よりも金利が低くなるように交渉してきました。

そういう 意味では ちょっと このオーナーさんとは

ちがう動きをしたと思います。




金融機関っていうのは いいお客さんには金利も低く

いい条件でお貸ししてくれます。

逆に言うならば 苦しくなったお客様に 低い金利を提供するということは

まあ  ありません。

そこに リスクという 金利が乗っかるからです。


「銀行は晴れの時に 傘をさし 雨の時に傘を取り上げる」・・・・

こういう諺が まことのように言われますが

当然と言えば当然なのかもしれません。

それだけ 雨の時は リスクが高いわけですから・・・・




今は バブルの時のように何でもかんでも

貸す時代ではありません。

それだけに 誰のせいにもできない時代。

銀行マンに勧誘されたとはいえ

自己判断 自己責任ということが 

本当に明確になったんだと

思います。



それでは。


最後までありがとうございます。。。ぺこり。。。

少しでも内容に共感され、面白いな!シェアしたいな!と思われたら、クリックお願いします。
ちなみにシェアはご自由にしていただいて結構です。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト